読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽_3

権威や権力に平然と、むしろ好意を持って頭を下げられる人が本当に羨ましい。

どうも権威や権力に頭を下げるどころか、右ストレートを繰り出したくなる性格を持っていると色々と損だよなと、もうなんかこの歳になってやっと気がついた。

 

いや別に本当に権威にグーパンチを繰り出した事なんかないですが。

ないよ。

本当さ。

 

ところで、権威や権力とは少し話が違うのだけれど、歴史に大々的に名前を残した人というのものは、残したというだけあって、やっぱり何かこう、とても素敵な強さがあるのだな。と最近はよく思う。

 

運悪く、この2013年までに消えずに残ってしまった流行の様なものはあるだろうが

それでも100年単位で消えなかったものっていうのはやっぱり何かこう

好みの枠を越えて、何かあるなと。

なんだか幸せな気分になる。

 

好みは流行ととても近しい所にある気がするんですがね。

そういうのとは全然別の所にいるなあ、こういうのは。みたいなね。

なんだろうねえ。

 

いいものを観たり聴いたりして幸せな気分になるという事は、とても久しぶりで

素直さを忘れてしまっていたなと、ははあ、全く勿体ないと、

なんだか惜しい気持ちを持ちつつ、懐かしい感覚でのびのびしている。

 

 

新しく入れました。脳に。

 

Blur

「Think Tank 」

 

Kraftwerk

「Minimum-Maximum」

 

Led Zeppelin

「Mothership 」

 

尾崎豊

「愛すべきものすべてに」

 

井上陽水

「GOLDEN BEST 」

 

くるり

「図鑑」「魂のゆくえ」

 

 

なんか、あんまり渋いロックみたいなのはアレかもしれない。

怖いかもしれない。

可愛い音が好きだと思うんだよな。。。

綺麗より可愛い。

 

 

今更クラフトワークに感動した私は3年前に情報デザイン学科を卒業してます。

電卓片手に。

 

まったく。。。ばかたれだ。