読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語は進化する

AKIRAから攻殻機動隊を挟み、パプリカまで何故か一気に飛んでしまったんですが、一緒に観ている人がそっち系の系譜を一切踏んでこなかった人なので、そういう人が一体何を思うかというのを観るのは大変楽しい。

 

「誰かがオリジナルを作って、それがルールになった時発生する疑問やパロディみたいな表現の仕方ってあるんだねえ。」

 

という結論を抱いたようなのだが、つまり一緒に観ていた人はオリジナルを一切知らないままいきなり観ようとしたのだから、それは難しいだろ。と思った。

 

よく、本でも映画でもオススメ100選みたいなのや、入門編みたいなものがあるけれど、1冊や1本で入門出来る筈もなく、かといっていきなり100本観ろと言われても多分ここでも順番があると思う。

 

物語は物語のルールやパターンになった時、次へ進める筈ならば、その系譜を辿るのが物語のみならず、脈々と続く歴史を楽しむヒントな気がする。

 

要はオススメ100選を古い順に観て行けばいいんだろうが、オススメ100選がそもそも100パターンくらいあるから、どれに手を付けていいのかわからず、今日も最終的に面倒くさくなって、やっぱり面白そうだと瞬間に思ったものに手を伸ばし、相変わらず線で繋ぐメタ思想を育む行動が出来ずにまた後悔するんだろう。

 

ダメだな。こんなんだからサブカル女にもなれやしないのだ。

 

オススメ100選のオススメを先に探すべきか。