読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットに放流するパイの心情

 どんぶらこ

 

実生活で忙しく、例えば誰かと一緒にいたり、心から誰かと遊んで楽しかった場合

私はインターネットに放流しない。

理由は、人様に見せなくても十分満足したからである。

 

大して楽しくなかったり、充実してなかったり、恥ずかしい事をしてしまったと反省すると、ついつい書き込みたくなるが、最早私もいい歳だと戒め気を付け、控えている。

 

それでもナニカを書きたくなるときは、大体が

「いかがわしいネタ(エロ以外も含む)をインターネットから摂取して、まったく無為に過ごしてしまったその言い訳を、正気に戻った時にしたくなっている」

というタイミングだと気が付いた。

 

そして今そうである。