未来 今 過去

よく「今を生きろ」なんて言葉を聞く。

 

10代は無闇やたらに未来に憧れて未来に向かっていて来た気がする。

20代の前半はそんな未来が少しだけ具体的に見えて、どうしようかなと考えていた気がして、20代の後半は自分の無能さに落ち込んで過去に戻ったりしていた気がする。

 

で、もうすぐ30代になる。

 

無能をいくら耕して、過去を眺めて、どんなに素敵なifを描いても、その未来は今ではない未来なのだと、気が付いたら、単純にそれに飽きてしまった。

 

未来のために生きる事も、今だけを生きる事も、過去に戻って生きる事も、どれも別にだからどうという訳ではなく、その全てはそれなりに楽しい。

 

どんな風に生きたら楽しいだろうか。とりあえず、今まであまり意識をしてこなかった「今」を楽しく生きてみる事にしようかと思いつく。

 

「思いつく」等と言葉に出して気が付いたが、既にここ数ヶ月は随分今だけを楽しんでいた。

 

なるほど。丁度今、今を楽しむ事が楽しいなら、暫くこうして生きてみよう。

 

恐ろしいのは今を刹那的にと誤解して、貯蓄をしなくなってしまう事だが、そこは自分の金銭感覚を信用して、派手な散財のみ控えたいと思う。