読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来計画

もう30代になるにあたり、いい加減地に足つけた人生設計をしたいと考えた。

大学を24で卒業し、就職活動で盛大に失敗した自分は、その後5年程、マジでフラフラ生きていた。

よく誰も怒らなかったなと、今振り返って申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

諦められていたのかもしれないと思うと、それはそれで情けない。

 

色んな人が、そろそろ本気で人生を見直し、ライフプランを考えている。

それに便乗した気配もあるが、どんな人生、どんな生き方、何をして、死ぬまでどうやって生きていったら楽しいか。

それを考えるのは、別に悪い事でもなかろう。

 

子供を作るなら早い方が良いと、散々世の中で言ってるが、最早自分はスタートも遅い以上、キャリアを粘って作ってから子供を作った方がいい気もする。

 

自分の仕事上、今まで貯蓄は「来月の収入がヤバかった時のため」「来年の年収がヤバかった時のため」と貯めていた、リーサルウエポンみたいなものだった。

だが、これからは、そのリーサルウエポンをもう少し先の、まだ見ぬ我が子が生まれて暫く働けなくなった時の為にすべきなのだと薄ぼんやり思った。

 

その為にどの位の貯蓄が必要なのか逆算し、目下の目標引っ越し先を決めなければなるまい。

 

窮屈にし過ぎても楽しくないし、まあ適当に計画を立てて行こう。

こういう計算は嫌いじゃない。