根性論と無気力と効率

やる事が山の様にあって、しかもどこかしらで自分が舵を取らねばならず、なおかつ新しい事ばかりの場合、脳みそが大混乱に大混乱を重ね、「いっそ何もしたくない」という無気力状態に陥る。

 

そんな時は、お腹に力をいれて、作業効率を余り考えずに片っ端から片付ける。

 

工程の必要性や効率、パフォーマンスの良さはいつも考えなければならないが、それを考えすぎると時間だけが無為に過ぎてゆき、山の様な「やらなければならない事」がどんどん億劫になる。

 

大体初めての作業で、効率について考えるなんて、出来る筈もないじゃないか。

 

時々はただの根性だけでやってしまった方がずっと早い場合もある。

忘れていた。