それってそんなに

記憶の目標というのは、正直いつまでも保てない。

理由は、自分と同じように、速度は違えど人は結局変わるもんだから。

 

記憶の目標が10年前なら、それはそろそろもう、いい加減、風化している。

 

それってそんなにすごかったの。

 

そう聞こえる自分の声が、傲慢なのか真実なのかが解らなくて、謙虚に生きたい姿勢はいつまでも、もしかしたら普通だったかもしれない事実を神格化する。

 

傲慢になりたくない。

けれど間違った認識はどこへ向かっていいのか解らなくなる。

 

記憶の目標は10年。

もういい加減、とっくのとうに風化した筈だ。

 

多分。