多分映像でも作るつもりだったんだろうな

博士と助手って地点でもうファンタジーだもの。

っていう、なんかの文章が出て来たので他意無く供養。

本文もそれなりに語彙がなくて恥ずかしいけど、放流してみたい何だか良く解らない欲が勝って供養。

 

10本くらい出て来たうちの一作。

ちなみに残りの9作品は、女子高生と失恋した女と、ロボットとかの話でした。


______

 

(デジタル時計)

 

博士「これは時計だ」

助手「はあ。」

博士「時計だね」

助手「そうですね。」

博士「何時計でしょう?」

助手「は?」

 

 

博士「何時計でしょう?」

助手「…えと、デジタル…時計?」

博士「大正解」

助手「わーい」

 

 

(博士ちょっと無駄な行動を取る)

 

 

博士「ではデジタル時計とは?」

助手「…とは?とは?」

博士「「とは?で全ての質問です。」

助手「……(ぽかんとする)」

 

(博士時計を手に取る)

 

博士「一秒も、その十分の一秒も、その一万分の一秒も、一億分の一秒も、一兆分の一秒も表せないポンコツです。

   いや、表示する事は出来ても、僕らはその瞬間を瞬きの間で見過ごすという絶望を自覚させるに十分な、

   何もかも解き明かし、思う通りにしたかった、私たちにとっては絶望的な、悪魔の様なデザインです。」

助手「ああ」

 

 

博士「色々な人が言いますがね、アナログ時計の針は、さっき言った一兆分の一秒も、その更に細かい一瞬も、そこに針がある。

瞬きの瞬間さえ、捉えてる様な気持ちになってしまう程、非常に私たちと同じ歩みを進める時間の体現者だ。」

助手「そこの正確性は、ネジの不安さえなければ絶対ですね。」

博士「じゃあ、なんで数字の時間なんて作ったんでしょうね?」

 

助手「あ…」

 

 

 

博士「僕はね、時々思うんです。時間って、僕たちと一緒でいいのかなって。たかが、100年ちょっとで死んでしまう。たかが500年ちょっとで当たり前が代わり、1000年ちょっとで跡形もなくなってしまう様な、そんな脆くて不確定な僕らと一緒でいいのかなって。思うんですよね。」

助手「けれど、人類の事象に対する認識のシステム化は、結局人類のためでしかないのだから、それでいいと思います。」

博士「うん。そうだね。でもそれは、絶望だ。」

助手「?」

 

博士「これは、絶望でもあり、希望だよ。完全に同一してしまった私たちが、それでも同一に持ち得ても、同一にならないと思い知らされるデザインだ。」

助手「」

博士「瞬きの一兆分の一秒を見落とした僕と、眼を見開き見つめた君がいる。

   その瞬間に、僕らの目の前にスカイフィッシュが過ぎ去るかもしれないし、核爆弾で世界が終わるかもしれない。

   (いやな顔の助手)(言過ぎたとちょっと反省する博士)

   …まあ、そうしたらこの僕らの同じ時間の最後の一秒は、君は見られるかもしれないけど、僕は見られないかもしれない。ってことだね。」

 

 

博士「人間は、事象にロジックを付けて挑戦するしか生きていけない生き物だ。」

助手「学者限定じゃないですか?」

博士「そんな事ないよ。挑戦だなんて、バカバカしい発想は、人間しか持ってない。」

助手「…」

博士「だから、目に見えない一兆分の一秒があるという事を、それを見過ごしているかもしれないというログと分岐点。ああしておけば良かったっていう後悔と反省と

   次に生きるための改善。進化の過程をロジカルに出来る僕らは、生き物としては全く苦痛に出来ている。」

助手「だからこんなに弱くなったんですよ。そんな風に、なにもかもロジカルにしようとしたから、ロジカルじゃないモノにはめっぽう弱い。」

博士「それさえも、イレギュラーとして、ロジックに組み込もうとしてるのが、我々だろう?」

 

 

 

 

助手「…時計」

博士「?」

助手「だから、希望なんですか。」

博士「…???…(ぐるりと考える素振り)ああ。そう。そうだよ。僕らはね、挑戦出来る解れば何かがどうにかなるが、なくなるのには、滅法弱く出来ているんだ」

助手「せめて解体出来る山がなければいけないと?」

博士「まあ」

助手「そしてそれを食べてシステムにすり替えようとするのね。」

博士「そして我々はそれを希望という。」

助手「アリみたい。」

博士「ん?」

助手「世界中の見えない、解らない、知らないを食べ尽くそうとしている、シロアリみたいですね。私たち。」

博士「…それは少々語彙が足りない気がするね。」

 

 

博士「例えに無理もある。」

 

 

助手「知らない解らないを食べ尽くしたとき、私たちはどうなるんでしょうね」

 

 

博士「科学者はロマンチストでなければならないよ。」

 

 

助手「追い求めた夢の結末の先は、「出来ない事がなくなる」事は、夢がなくなる恐怖なのでしょうか」

 

博士「夢を知ってしまった我々には絶望だね。」

 

助手「その一瞬を見続ける事は夢が無くなる事ではないですか」

 

博士「刹那を見続ければ、刹那自体が消える。あの瞬間、何かを見て知って感じていれば、ひょっとしたら回避出来たかもしれないが消える。刹那の時間軸が消える。

   イフがなくなる」

 

 

助手「それは、過去への希望がなくなるのではないですか?未来の希望を重んじるばかりに。

   記憶への冒涜ではないですか?」

 

博士「どうにもならなかった失敗サンプルを愛でろと?」

 

助手「そうではなく。そうではありません。でも、希望は未来にばかりないでしょう。

   ああしていれば、こうしていれば、瞬きの一瞬に消えた未来がある様に、そこへ馳せる希望もあったでしょう。

   夢は秒針の先にばかりある訳じゃない!」

 

 

博士「後悔に希望を抱けと?」

 

助手「違う。」

 

 「でも、私たちが今やっている事は。まぎれもなく、過去への希望です。」

 

 「生物学上最もバカバカしい挑戦をするのですからね。バカらしい、飛躍した発想もいいでしょ。」

 

 

 

_________

 

 

博士 「じゃあ、」

 

 

   「見られなかった、一億分の一秒全て、もう一度見直そう」

 

 

助手「はい」

 

 

荒廃した世界

 

 

博士「帰りたい日を願う心が未来へ向かうなんて、なんとも皮肉で滑稽な生き物なんだろうねえ。

我々は。」

 

_タイトル「見えない一秒とタイムマシンの話」_