基軸に後悔

ちょっと前にかなり辛い事があって。

それで色々新しい事を始めたんだよ。

結構冒険的な事もやって。

楽しかったんだ。

 

でも、何故か上滑りだなと。いつも思っているんだよ。

 

多分、どこかでその本意は風化して終わっている筈だし、自分も多分理解しているはずなのにと。

 

旅をする。キャリアを積む。新しい事を知って、知らない人と出会う。

すべてを、あの時のその事実と無関係だといえない自分も、まだ言えない事実もあるけれども。

 

後悔はあるよ。と言った上でのこの現状かと気付けばまあ、嬉しいし楽しい。

今の基軸は後悔に依って。

それは、馬鹿を観ている様に見えるだろうが、上滑りする感覚はとどのつまりそうだろう。

 

本心すら誤摩化してどうにか言う事を選んだ時期もあったから、それでもそれではどうしても無意味だと、結局解っただけである。

 

上滑りは今だに滑る。

 

伴侶が、プライベートライアンを観たいと言っている。

観ましょう。観た事無いし。